キーワード「ペット供養」関連の口コミ

E.Tさんの場合

もはや今の時代、ペットは大切な家族であり、その死の際の葬儀も、珍しくはありません。そんな時代のニーズに答えて、その専門の業者もかなり増えています。中には悪質なものもありますが、よく契約内容を注意すればそれは回避できます。


 なにより大事なのは、大切な家族の供養なのですから、人間と区別して扱う必要はありません。優良な業者に依頼すれば、満足いく埋葬ができます。それで私も、過去に経験がありますが、大事なのは優良な業者の選別でしょう。
依頼種別
その他
満足度
星5つ
エリア
群馬県前橋市

K.Sさんの場合

ペットはどれほど愛情を持って接していても、必ずお別れの日が来てしまいます。私も20年近く一緒にいた猫が死んでしまい、十分頑張ってくれた、という気持ちがあると同時に、もっと一緒に居たかったと強く思いました。


そんな気持ちをきちんと整理してしっかりとお別れをするために、私は猫の葬儀をしました。身勝手ですが、供養するというよりも自分の気持ちの整理のためにそうしたのです。悲しみは癒えませんでしたが気持ちの区切りがついたと思います。

U.Yさんの場合

私は以前、実家で犬を飼っていたことがあります。私が幼い頃から一緒に十数年といった長い期間を共に過ごし、家族の一員と言っても過言ではない愛犬でした。しかし、その愛犬にも寿命がきてしまい、老衰によって息を引き取りました。


この愛犬の死に際して、私達家族は出来るだけ手厚く弔ってあげたいと考え、ペット葬儀を利用することにしました。火葬や僧侶による読経など、人の供養と同じようなサービスを受けることができ、大変手厚く弔えうことができました。

D.Tさんの場合

私は猫が大好きで何十匹も自宅で飼っています。その為、数年ごとに亡くなってしまうので、そのたびに毎回小動物を供養してくれる業者さんに葬儀を依頼しています。お金はかかりますが、その代わりにかけがえのない時間が手に入ります。


最近もペットの猫が老衰で亡くなってしまったので、利用しました。業者さんはいつも私たちの気持ちを案じてくれて、心残りのないように弔ってくれます。また、納骨などもしっかりしてくれるので、その思い出を残せるのも良いです。

M.Yさんの場合

私は一昨年前、長い間家族の一員として智雄に過ごしてきた愛犬を亡くしました。これに当たって私が利用したのが、ペット葬儀のサービスです。これは、手厚く弔ってあげたかったためであり、庭がない物件に住んでいるためでもあります。


このサービスを利用して供養することで、愛犬を火葬してもらえたため、愛犬の遺体をお骨してもらうことができたのです。そのおかげで現在居住している物件に庭がなくても、埋めてあげる場所に困るといったことがありませんでした。
依頼種別
その他
満足度
星4つ
エリア
福井県福井市

O.Uさんの場合

鳴かれればすぐに餌を与え、遊びたいと鳴けばすぐに遊び、躾と言えば トイレくらいでした。わがままは存分に聞いてあげたつもりです。 プライベートを犠牲にしても猫と一緒にいました。 そんな猫が先日亡くなってしまいました。


凄い悲しみはありましたがそうも言っていられません。ペット葬儀業者へお願いし 葬式の準備を進めました。これまでのことを話すと、業者の方からは励ましの言葉を たくさんくれました。供養も無事に終わり天国へ旅立ってくれました。
依頼種別
その他
満足度
星5つ
エリア
青森県

O.Yさんの場合

先月、私の愛犬が寿命で安らかに息を引き取りました。長い間一緒に暮らしていつも元気をもらっていたので、しっかりと供養してあげたいと思い火葬してお墓も作ってもらおうと思いました。しかし、どうすればよいか分かりませんでした。


そこでペットの葬儀専門の業者さんに依頼すると、最後までしっかりとサポートしてくださり、無事に私の愛犬は今お墓の下で静かに眠っています…。業者さんがなかったら今も私はどうすればよいかわかりませんでした。 感謝の限りです。

I.Oさんの場合

家族の一員である愛犬が亡くなりました。飼い主のわがままかもしれませんが、人間と同じようにペットの葬儀をして供養をしてもらえる業者にお願いすることにしました。説明を聞くと、火葬にもさまざまな種類がありました。


その中から飼い主の希望に沿って行うことができました。私は愛犬一体のみで個別に行ってもらい、そこに家族も立ち会えるようにしてもらいました。そうすることでお骨を自宅に連れて帰り、個別に納骨堂に収めることができました。

A.Kさんの場合

愛犬は14歳で、ガンの手術中に動物病院で息を引き取りました。 初めて室内で飼った犬で家族全員、子供・兄弟のよう可愛がり、一緒に過ごしていたので、どうしてあげるか悩んでいると病院がペットの火葬業者を紹介してくれました。


棺桶に綺麗に花を飾ってもらい、眠っているような愛犬を見ると生きているようです。 家族でお骨を拾い、骨壺に入れてもらって自宅に戻る事が出来たので、きちんと供養できたと満足しています。 愛犬自身も、満足してくれたと信じています。

F.Nさんの場合

私は外国人です。日本に来て10年ぐらいになりますが、初めてペットの火葬というものを体験しました。犬が亡くなって、知り合いに葬儀場に連れて行ってもらって葬儀をお願いしたのですが、人間と同じスタイルでびっくりしました。


住職さんが、焼かれた骨を丁寧に整えて、箱に入れてくれました。きちんと手を合わせてお祈りもしてくださって、動物なのにここまでしてくれるなんて本当に驚きでした。これが供養というものなのだな、と実感しました。
このページの先頭へ