キーワード「ペット火葬」関連の口コミ

E.Nさんの場合

先月、私の娘が飼っていたハムスターが突然動かなくなってしまいました。娘は大変かわいがっていたので泣いてばかりでした。私は適当にこの娘の思いを扱ってはいけないと思い、ペットの葬儀をすることに決めました。


業者に連絡すると供養までの手順を詳しく教えてくれました。娘はハムスターがきちんと扱われるのを見て気持ちもだんだんと落ち着き、心の整理がついたようでした。私も娘の気持ちに応えることができてすっきりした気持ちになりました。

E.Fさんの場合

現在ではペットを供養してくれるお寺などもたくさんあります。どこのお寺にするのかを考えるということも大事です。私は家から近いところを選択しました。きちんとした宗派のお寺ということであれば、基本的に問題ないです。


お寺は費用やプランなどの違いはありますが、基準というものがあるので法外な費用を取られてしまうということはまずないです。葬儀の費用はそんなにかからないところが多いです。私が利用したところも良心的な価格でした。

H.Nさんの場合

一緒に暮らしていたペットがつい先日、亡くなりました。猫だったのですが、生まれたときかあら20年も生きましたので大往生だったと思います。そして、それだけ一緒に暮らした猫だったのでお葬式はしっかりあげたいと思いました。


なので、私は小動物を葬儀してもらうことができる業者さんを利用して、火葬からその供養まで行ってもらいました。まるで、人間のお葬式と変わらない感じで、丁寧に葬って下さり、個人的に本当に依頼して良かった思いました。

H.Kさんの場合

私のうちではペットの猫を飼っていたのですが、ある日突然死んでしまいました。私はとてもショックを受けましたが、人間のように見送ってあげることで、その悲しみもいえるかと思いました。私は業者さんに頼むことにしました。


業者さんはとても優しい方でした。私にもとても気を使ってくれました。葬儀のほうもとても順調で、問題なく行えました。供養が無事に済んでよかったです。この業者さんのサービスにはとても感謝したいと思っています。

D.Mさんの場合

我が家の飼い犬が死んだので、ペット専門の葬儀業者に火葬をお願いしました。可愛らしい骨壷に、自分で拾ったお骨を納めてやることができたので、それなりに気持ちの整理をすることができ、依頼して良かったと思っています。


 また、遺骨の供養方法に関する提案もいろいろ受けることができたので、感謝しています。現在まだ考え中ですが、動物専用の霊園に納骨するか、いつも遊びに行っていた公園に散骨するかの、どちらかを選ぼうと考えています。

K.Mさんの場合

病を克服しリハビリに犬の散歩がいいだろうと勧めもあり、愛犬を飼い始めたのが 15年前でした。よほどの悪天候ではない限り散歩に出ました。愛犬も喜んで いました。その愛犬が亡くなりお葬式を出そうと考えました。


ペット葬儀専門業者へ連絡します。愛犬と歩んだ日々のお話しすると、 涙ぐむ方もいらっしゃいました。愛犬の遺体を何度も綺麗に拭いてくださり、 ずっと寄り添って頂けました。業者さんのおかげで良い供養が出来ました。
依頼種別
霊園
満足度
星4つ
エリア
岡山県

A.Uさんの場合

可愛がっていたペットが病気で亡くなってしまったので、専用の焼却施設を利用することにしました。 その施設には動物の大きさごとの焼却炉があり、施設の人がわかりやすく作業の内容を教えてくれて火葬を行ってくれました。


施設の隣には供養を行うお寺があり、遺骨と写真やお供え物を祭壇に飾って簡素ですがお寺の人がお経をあげてくれました。 私たちに癒しや楽しさを与えてくれた家族の一員を、このような形で対応してくれたことにとても感謝しています。
依頼種別
その他
満足度
星4つ
エリア
岐阜県岐阜市

D.Nさんの場合

ペットのハムスターが最近死んでしまったのですが、庭に直接埋めて埋葬しようとしていたところ家族から火葬と供養を一緒にやってもらえる業者があるという事を教えてもらったので、そちらの業者にお世話になる事にしました。


業者にハムスターを持ち込んでみると、木桶に入れて処分をしてくれてお坊さんによって簡単な読経もしてくれたので気分良く最後のお別れをする事が出来ました。犬や猫も飼っているので次回も同じ業者にお世話になりたいと思います。

S.Uさんの場合

11年飼っていたペットのゴールデンリトリバーが病気で死にました。 大きいのでどのように埋葬するのかが問題です。 子供のハムスターが死んだときには家の裏の川原に埋葬しました。 犬ではそういう分けにもいきません。


市に問い合わせところ、埋葬してもらえることが分かりました。 ゴールデンは大型犬だと思っていましたが、犬の区別は地面から背中までの 高さで計るので中型犬でした。 料金を市の窓口で払い、市の火葬場へ行きました。 供養塔もありました。

A.Kさんの場合

以前、長年飼っていたペットの犬が、老衰で亡くなりました。家族はショックが大きく、どうすれば良いのか考えることも出来ませんでしたが、近所の方で、同じく少し前に犬を亡くされた方が、火葬の業者をいくつか教えてくださりました。


何件か連絡し、供養の方法や本日中に対応出来るのかなどを確認し、自宅から少し離れている場所でしたが、一つの業者を選びました。現地へ着くと、スタッフの方が犬との思いで話を聞いてくださり、ありがたかったです。
このページの先頭へ