キーワード「ペット火葬」関連の口コミ

F.Yさんの場合

私には長年一緒に暮らしてきた猫がいました。40歳過ぎても独身の私にとっては、日々の淋しさを紛らわせるためにかけがえのない伴侶でした。しかし老齢には勝てず、先日ついに天国へ旅立ちました。そこで葬儀を行うことにしました。


ペット供養を業者にお願いしたところ、丁寧な対応で心の痛みが和らぎました。その後遺骸を持って霊園に行き、納棺、セレモニー、火葬、埋葬を行いました。これで猫も安らかに成仏できたと思います。スタッフの方に感謝しています。

A.Nさんの場合

ペットが亡くなって、ショックで悲しくてどうしていいかわからなくて、このまま庭に埋めてしまうということはとても考えられず、そうだ、葬儀をしようと、ネットでいろいろ調べて、その中から業者さんに電話をしてみました。


予約を入れ、亡骸とともに山奥のその業者さんのところまで行きました。とても静かなところで、山からは鳥の鳴き声が聞こえてきました。こういうところで荼毘に付していただければきっとこの子の供養になると思いました。

K.Tさんの場合

みなさん、こんばんわ。今週も暑い日が続いていますが、体をこまめに冷やしながら、水分補給をしたり、塩分も重要なので、塩分補給しましょう。節約節約と我慢せずにクーラーや、扇風機をつけましょう。熱中症に気をつけよう。


今回、みなさんにご紹介したい事柄はペットの供養です。この間、猫のタマが亡くなり、庭に埋めようと思いましたが、マンション住みなのでそれができません。業者に連絡します。火葬、葬儀をし、動物霊園に埋葬してもらいます。

A.Iさんの場合

私が子供のときから飼っていたペットが亡くなりました。私はとてもショックを受けました。どうしようもなくなったので、とりあえず業者さんに頼むことにしました。 業者さんは私の気持ちを察してくれているようでした。


業者さんは、大切なものをなくしたものの人の気持ちを良くわかっているようでした。そのおかげで、葬儀は、とてもすばらしいものになりました。しっかりと供養できたと思っています。私は、この業者さんにとても感謝しています。

D.Uさんの場合

私は先日大切なペットを亡くしました。その時にはとても大きな悲しみに襲われましたが、両親にきちんと葬儀をしてあげることが供養になると言われその言葉に従うことにしました。そこで丼物専用の霊園に行ったのです。


霊園に行くと棺の準備がしてありました。そして家族でお別れをして火葬をし、収骨をしました。業者の人がとても親切で、何をするにも説明をしてくれたのでとても良かったです。いいお別れができたので、後悔は少しもありません。

T.Yさんの場合

私自身が動物病院で働いていたこともあり、愛犬が亡くなった時には病院とお付き合いのあった動物霊園にて火葬をお願いしました。そこは、飼い主の気持ちをくみ取って丁寧な対応が評判でしたが、私自身も利用してみて実感しました。


まず、お別れの時間を沢山とって下さり、その中でねぎらいの言葉を私たちにも、亡くなった子に対してもかけてくれたのです。ただのペット扱いせず、供養の気持ちを持って接してくれたことで、安心してお任せすることができました。
依頼種別
その他
満足度
星4つ
エリア
大分県

O.Yさんの場合

私たちにとってペットはかけがえのない存在であり、家族の一員と呼んだ方が正しいのかもしれません。 しかし生物に永遠などなく、いつか寿命を迎えてしまいます。大概の生物は人間よりも短い命のため別れの瞬間に立ち会う事があります。


その死は家族に大きな衝撃をもたらし、私はショックで声が出ない状況になりました。供養の方法は様々なものがありますが、火葬が最もポピュラーな方法です。 土葬にするとそこに生物が湧く可能性があるので前者の方法を選びました。
依頼種別
その他
満足度
星5つ
エリア
岐阜県高山市

N.Oさんの場合

可愛がっていた猫が亡くなり、ペット霊園にて火葬をしていただきました。遺骨は持ち帰ったのですが、このままでいいのか分からず、霊園の方に相談をしました。埋葬する決心がつかない私にスタッフの方が色々とお話をしてくださいました。


供養というのは、飼い主の方が納得する方法でいいんですよ、と言われ目からうろこが落ちた思いでした。気持ちを吐き出したことですっきりしたのです。霊園の方に埋葬をお願いしました。あの時のスタッフさんには、本当に感謝しています。

M.Oさんの場合

子供のように大切にしてきた猫が大往生して、ペット葬儀社に葬儀を依頼しました。棺も木製で、他の方と一緒になることはなく個別火葬してくれて、お坊さんがお経まで読んでくれたので、まるで人間の葬儀のような豪華さで感動しました。


希望により、自宅で骨壺を保管して手元に置いておくことにしたのですが、その骨壺に遺影が施されてあって、毎日供養するたびに良いことばかり思い出されて、癒されました。たかが猫と思わぬサービスがあって、本当に良かったです。

E.Nさんの場合

犬を亡くしたときのことです。 悲しみに暮れる中、さあどうしようかと思った時に、実家でお世話になっているペット専用の葬祭場が近くにあることを思い出し、お世話になりました。 電話で事情を話し、翌日の午前中と決めて向かいました。


お経をあげてくださり、花でひつぎを飾って火葬していただきました。中型犬だったため3時間ほど時間がかかるとのことで、一度家に戻り、再度伺いました。 骨壺に入れていただき、そちらの施設で永代供養もしてくださるとのことでした。
このページの先頭へ