キーワード「ペット葬儀」関連の口コミ

依頼種別
葬儀
満足度
星4つ
エリア
群馬県

K.Tさんの場合

家族同様に過ごしてきた高齢の猫が亡くなりました。 20年近く一緒に過ごしてきたので、なんとか供養してあげたいと思いました。 娘から猫でも葬儀をしてくれるサービスがあることを教えてもらったので、早速依頼しました。


ペット専用にお葬式をしてくれるということで、専用の棺桶などもあり、丁寧に火葬して骨壷に入れていただきました。 悲しみは癒えませんが、長年一緒に過ごしてきた猫を弔うのにきちんとお葬式を出してあげられてよかったと思います。
依頼種別
その他
満足度
星5つ
エリア
愛知県江南市

I.Uさんの場合

一緒に暮らしていた猫がなくなった時に、かかりつけの動物病院で葬儀屋を紹介してもらいました。 ずっと通っていた動物病院の紹介なので、安心して任せることができました。 段取りも向こうから連絡が入ってきたので、信頼できました。


供養をすることで、長年一緒に暮らしていたペットと別れを告げることができたと思っています。 それは一つの儀式になり、儀式をすることで区切りをつけることができました。 悲しいけれど、感謝の気持ちをもって送り出せたと思っています。

E.Iさんの場合

長年飼っていたペットの犬が先日亡くなりました。15才ということもあり覚悟はしていたもののやはり大変なショックを受けました。家族同然にかわいがっていたので人と同じように葬儀や供養をしたいと思い業者に頼むことにしました。


悲しさと寂しさで正直どうしていいのかわからず戸惑ってしまいましたが、業者の方が丁寧に相談に乗ってくださり助かりました。我が家の場合は火葬の後で遺骨を家に持ち帰り家族の気持ちが落ち着いたら納骨しようと思っています。
依頼種別
その他
満足度
星5つ
エリア
山口県防府市

A.Oさんの場合

長年私を癒してくれた、猫のチョビが先日亡くなりました。18年近く生きた為、老衰でした。段々弱っていったので、最後は「よく頑張ったね」となでながら見送りました。生前より、ペットの葬儀を考えていた為、早速手配しました。


供養して頂き、チョビとの別れも一段落。愛猫のいない生活は、味気ないものになっていましたが、ある日野良猫が自宅に迷いこんできました。人懐こい性格から、チョビの生まれ変わりだと確信し、今では新しい家族になっています。

F.Nさんの場合

小型犬を飼っています。中学生の弟は大好きでその犬も懐いていました。 家に遊びに来るといつも一緒にいます。先日その犬が亡くなりました。 悲しんでいる弟がお葬式を出したいと言うので、希望をかなえることにしました。


ペット葬儀の会社にお願いしました。弟は積極的に手伝いをします。 業者の方に犬との思い出話をしていました。業者の方も笑顔で 聞いてくれます。業者の方には弟の心のフォローもして頂きました。 供養もでき、弟も良かったと言っています。

E.Uさんの場合

高齢でひとり暮らしをしている者ですが、寂しさから、たくさんの猫を飼っています。ある日、その中の一匹が死んでしまいました。どうしてよいのか分からず困ってしまいましたが、とりあえず隣の若夫婦に相談しました。


若夫婦はペット葬儀の業者があることを教えてくれ、連絡先も親切に教えてくれました。電話して高齢なので家で葬式をしたい旨を伝えると、すぐに移動火葬車がやってきて猫を火葬してくれました。拾骨もでき供養になったと思います。

A.Tさんの場合

会社が突然倒産したタイミングで犬を飼いました。貯金もありアルバイトを していたので生活に困る事はなかったので、犬と過ごす時間を楽しんだ時期でも あります。その後就職し出世も出来ました。先日その愛犬が亡くなりました。


出会ったタイミングの関係で思い入れが強かったので、ペット葬儀専門 業者へ葬式を依頼しました。最後に供養をと考えたからです。 犬好きな業者の方に、もったいないと感じるほどの配慮を頂きました。 無事に見送ることが出来ました。

D.Fさんの場合

13年間飼っていた我が家の愛猫がなくなった時のことです。 家族全員大好きだった猫ちゃんのですので、自宅の庭に埋めるようなことはしたくありませんでした。 きちんと供養してあげたいと思ってたのでペット火葬にしました。


きちんと写真なども立ててくださってお経も読んでくださいました。 大好きだった猫ちゃんとの思い出を大事にして最後まできちんとお見送りすることができて家族全員気持ちの切り替えができました。 猫ちゃんも喜んでくれたと思います。

N.Yさんの場合

近所に虐待されている犬がいて、こっそりご飯をあげていました。1年くらい経過した頃、その犬の病気の話を切っ掛けに我が家に引き取ることになりましたが、時すでに遅く2か月後には亡くなり、火葬を依頼することになりました。


私たちのペットという感覚が育つ時間はありませんでしたが、ほんの短い間でも触れ合い、最期を看取った犬だったのでちゃんと供養もしてくれる業者を探して依頼しました。葬儀自体は個別で行われ、落ち着いて見送ることが出来ました。

I.Tさんの場合

昨年、18年一緒に暮らした猫が旅立ちました。 とても悲しかったのですが、葬儀をどうするのか、火葬をどうするのかなど、人間の場合と同様に悲しみの中で色々なことを決めなければならないので、気持ちが動揺して大変でした。


そんな時、お世話になっていた動物病院の先生から、評判のいいペット葬儀の会社を紹介してくださいました。葬儀の際、とても親切に飼い主の気持ちを理解した対応をしていただき、家族としての供養を存分にさせていただきました。
このページの先頭へ