キーワード「ペット葬儀」関連の口コミ

K.Yさんの場合

私には、可愛がっていた犬がいました。その犬は小型犬でしたが、家族同然だと思っていました。しかし、数年前寿命が来て、死んでしまったのです。私は最後のお別れとして、しっかりとした火葬で弔いたいと考えていました。


そこで、ペットを供養してくれるところを探しました。感想としては、やって良かったと思います。大切な家族の一員であった犬を、家族で弔うことができたからです。これは、こじんまりと、しかし丁寧に行ってもらうことができました。

E.Tさんの場合

先ずはペットの葬式の事を考えました。供養の為に火葬にする業者を 探しましたが見つかりませんでした。市役所に相談したところ、ゴミ焼却場に死骸を持ち込めば焼いてくれるとのことで、自分たちで焼却場に持っていきました。


猫を弔っていただける霊園を探しましたが、なかなか見つかりませんでした。庭に埋めるわけにもいかず色々手を尽くして家より車で約1時間かかるところに動物専用の寺院を探すことが出来ました。環境も良くお墓を建てる事に決めました。
依頼種別
その他
満足度
星5つ
エリア
大阪府八尾市

K.Tさんの場合

10年間、家族同然に一緒に暮らしてきた犬がいました。 病気をして、寿命が近いと知らされた時は悲しかったけど 1日1秒の時間を大事に犬と過ごして いつも離れずにそばにいました。 最後の日は寂しくないようにそばについて見送りました。


家族会議でどうやって供養をしてあげようか話し合いました。 火葬して見送る事にしました。 ペット霊園に電話して、すぐに霊園に向かいました。 人間と同じように骨壷に入れてお焼香をあげました。 これで天国で幸せになってると信じてます。

D.Hさんの場合

私はペットの犬を長い間飼っていました。しかし、ある日突然なくなってしまいいました。私は悲しみにくれました。そして、人間と同じように供養してやろうという思いになりました。私は業者さんに火葬の依頼をしました。


業者さんはとても親切なかたでした。犬をなくしたことがある人の気持ちを良くわかっていそうな方でした。それに仕事も何の問題もなく終わりました。私はこの業者さんを選んで正解だと思いました。本当に感謝しています。

K.Yさんの場合

20年の長きに渡って一緒に生活した猫が亡くなりました。 いることが普通だったので信じられない気持ちがまだあります。 供養をすることが義務だと思いお葬式をすることにしました。 ペット葬儀の会社にお願いし段取りしてもらいました。


仕事柄というのでしょうか、皆さん動物好きです。同じ経験をお持ちの方も多くいました。嬉しい気遣いもたくさんあり感激ました。火葬の時も拾いやすいように骨を全部並べてくれました。感激だらけで見送ることが出来ました。

E.Yさんの場合

私は、犬を飼っていたのですが先日病気のために亡くなってしまいました。供養をするために、専門の業者に火葬を依頼しました。 火葬車というものがあり、自宅の敷地で火葬をすることが出来るということで依頼をしました。


火葬後は葬儀も行ってもらいました。少し前まではペットの火葬などはありませんでしたが、最近では多くの業者があることに驚きました。18年という犬としては非常に長生きで、今までたくさんの思い出をくれた犬でした。

H.Sさんの場合

一緒に暮らしてきた猫が亡くなってしまい、埋葬する方法を探していました。 いろいろ調べていると、ペットの葬儀をしてくれるという業者が見つかったので依頼することにしました。 納骨堂も近くにあるので便利でした。


埋葬した後に、お経を読んでくれたので、きっと成仏してくれたと思います。 忙しくてかまってあげられないこともあったけど、最後は十分に供養してあげられて良かったです。 料金も見積りをして、事前に提示してくれたので安心でした。

A.Nさんの場合

長年我が家で可愛がっていた、犬が死にました。一人暮らしの中で、家族のように接していたのでとても辛かったです。それでも、死を受け入れて前に進んでいくために、ペットの葬儀業者に依頼して供養してもらうことにしました。


体を清めて、撫でてあげると、楽しかった思い出がたくさん蘇って涙が溢れました。まだまで悲しみは癒えませんが、きちんとしたお別れと、感謝の気持ちを伝えることができたので、少しずつ前向きな気持ちになってきています。
依頼種別
その他
満足度
星4つ
エリア
三重県鈴鹿市

H.Uさんの場合

私は以前、犬を飼っていたことがあります。私がもの心付く頃から一緒に育ってきたため、家族の一員と言ってもいい愛犬でした。しかし、人の寿命と比べて犬の寿命は短く、私が高校生の時に、天に召してしまいました。


この死に際して私はもちろん、家族は悲しみ、その供養をできるだけ手厚く行ないたいと考えたため、ペット葬儀のサービスを利用しました。お炊き上げや読経などを行ってもらうことができ、手厚く弔えたのではないかと思っています。

M.Tさんの場合

職場の敷地に野良猫が住み着きました。餌をやりだすと懐き、出勤すると近寄って 来ます。みんなで可愛がってきましたが、母猫を見なくなりました。 探してみると近くの空き地で死んでいました。お葬式を出そうと言うことに なりました。


よい供養になればと思い、ペットの葬儀を専門に扱う業者があり、 そこへ依頼しました。事務所の一角に祭壇を設けます。 業者さんも猫をきれいにしてくれました。数か所ある傷口も丹念に拭いてくれます。 最後によい想い出が出来ました。
このページの先頭へ