キーワード「葬儀」関連の口コミ

H.Yさんの場合

ペットは家族の一員なので、最期を迎えたときには人間と同じように火葬して供養をしたいものです。亡くなった時は悲しくて、自分でお別れの準備をするのは難しいです。生前は想像もできませんでしたが、亡骸の前で泣くばかりです。


生前からお願いする業者を探しておくと、いざという時に頼りになります。箱に寝かせてお別れの品を入れるところまで自宅で行うと、お迎えのサービスもあり安心です。悲しみの中で車を運転して連れて行くよりも心強いです。

E.Oさんの場合

家の庭で泣いていた猫を保護しました。まだ一ヶ月くらいの子猫でミーミーとか弱い声で泣いていました。雨に濡れていたので少し弱っていて病院に連れて行きましたが2週間で体が衰弱して死んでしまいました。供養が出来る所を探しました。


ペットの火葬もしれくれる所を探して連れて行きました。お店の人は小さな箱を見てまだ赤ちゃんなんだね。と悲しそうに言いました。丁寧に焼いてもらった骨をもらいました。天国でゆっくり眠っていてほしいなと思います。

F.Uさんの場合

飼っていたペットはいつかは死んでしまいますが、その時に利用して良かったのが供養業者さんでした。また、私が使った業者さんは、火葬もちゃんと個別に行ってくれたのも良かったです。料金は全部含めて5万円程度でした。


ちなみに、私はお金をだして位牌製作もしてもらいました。それがあるだけで、気持ち的な整理をつけることができます。今回は飼っていた猫の葬儀をしましたが、犬も飼っているのでまたいつかこのサービスを利用する予定です。

O.Tさんの場合

私には家族同然の犬のペットがいました。それはもう何年もかわいがってあげました。私はその犬がなくなったときは泣きました。そして、人間と同じように供養してあげたいと思うようになりました。近所の業者さんに依頼しました。


私の頼んだ業者さんは火葬をとても上手にやってくれました。とても寒い中でしたが、文句も言わずにやってくれて感謝しています。私たちにも気を使ってもらい、とても助かりました。価格もそれほどしなくて良かったです。

F.Yさんの場合

私は自分のお墓はないのにペットのお墓は持っています。 社会人になってから寂しさもあって犬を飼うようになりました。 ところが事故で亡くなってしまいました。 そこで成仏できるようにしっかり供養したいと考えました。


調べてみると葬儀を行ってくれる会社が結構ありました。 お墓も紹介してくれるところがあったのでお願いしました。 最後に安らかに眠りにつけるというのはとても重要だと思います。 お墓には今まで飼っていた愛犬たちが眠っています。
依頼種別
その他
満足度
星5つ
エリア
仙台市

E.Sさんの場合

長く飼っていた大切なワンちゃんが無くなってしまいました。家族の一員だったのでとても悲しかったですが、ちゃんと最期は天国へ送ってあげたいとの家族の願いから、ペットの葬儀、供養を専門にしている業者に依頼しました。


人間と同じようにきちんとお経もあげてもらいました。焼香もして祭壇にワンちゃんの写真も飾っていただきました。好きなものを備えて火葬しました。感謝の気持ちでいっぱいになりました。きちんと見送ることができて良かったです。

M.Uさんの場合

愛犬のペットの供養を業者の方に依頼しました。シンプルプランでしたが、湯かんや毛並みも綺麗をしてもらうなど、プラン以上のことをしていただくことができ、大変満足しております。立派な葬儀のおかげで、気持ちも少し和らぎました。


スタッフの方の対応も素晴らしく、最初の電話から愛犬の見送りまで、家族の想いに寄り添って親切にしていただけました。価格について心配もあったのですが、安心価格でほっとしました。知り合いにも紹介しようと思います。

I.Nさんの場合

家の近くにいた野良猫を飼いたかったのですがペットを飼えないマンションなので餌だけあげていました。ある日その猫が事故に遭い病院に連れて行ったのですが、残念ながら亡くなってしまいました。これからどうしよう。


病院の先生に相談したところ、葬儀をしてくれその後も供養してくださるところがあるとお聞きしました。遺体も病院まで引き取りに来てくださりました。飼ってはいなかったものの愛着があったので葬祭場があって良かったです。
依頼種別
その他
満足度
星4つ
エリア
山形県米沢市

K.Uさんの場合

ペットは家族の一員です。私は産まれた時から犬と一緒に育ってきました。犬の寿命は犬種にもよりますが、大型犬なら約10年といわれています。私は大型犬や超大型犬を飼ってきたので、今までに5頭の犬の死を経験しました。


自分に寄り添ってくれた犬が亡くなった時、感謝の気持ちと、もっと遊んであげればよかったという後悔の気持ちでいっぱいになります。彼らのためにできる最後のこととして、感謝の気持ちをこめ葬儀を行い、供養をしています。

I.Oさんの場合

最愛のペットが交通事故で亡くなりました。子どものようにかわいがっていましたので、人間と同じようにきちんと葬儀を行いたいと思い、動物霊園を経営されている業者にお願いしました。連絡するとすぐに日程調整をしてくれました。


当日は、霊園の車で自宅まで迎えに来てもらいました。霊園に着くと、専用の棺に納棺していただき、最後のお別れのセレモニーをしました。その後、個別に火葬していただき、集骨して納骨しました。よい供養ができてよかったです。
このページの先頭へ