北海道・東北のペット葬儀・プラン 口コミ・体験談

H.Tさんの場合

ペット葬儀を利用する前に、いくつかの葬儀屋に相談をしたのですが内容も料金もそれぞれに特徴があり、どこにお願いしていいのかわからなくなってしまいました。一生懸命比較してやっと決めることが出来るくらいどの業者も魅力的でしたが、予算の都合もありましたので、一番バランスが良さそうな所にお願いすることにしました。

T.Yさんの場合

私と結婚する前から妻が飼っていた犬が、脳腫瘍で18年の生を全うしたんです。妻はとても嘆き悲しみましたが、最後の数週間は家族みんなで看病してたので悔いはなかったのです。家族の一員だったので葬儀をすることにしたんです。


町外れに小さなペット霊園があるので電話で尋ねたら、火葬をしてくれるというので犬をダンボール箱に入れて運びました。小さな竈があって、そこで火葬してもらって、供養をお願いしたのです。遺骨はリビングに置いています。

F.Iさんの場合

20年も一緒に生活してきた愛犬が、老衰で死んでしまいました。できるだけきちんと供養してあげたいと思い、ペット火葬を依頼しました。その日のうちに受け取った愛犬の遺骨を、写真と一緒に私の部屋に置きました。


そのまま49日まで一緒に過ごし、その後霊園で納骨してもらいました。霊園では、お坊さんがきちんとお経をあげてくれました。人間の葬儀と同じような形だったので、人間と過ごすことが好きだった愛犬は、きっと喜んでいます。

北海道・東北の詳細地域の口コミ

※ペット霊園、ペットの火葬、動物霊園の費用、価格、料金についても随時掲載していきます。
※近隣の地域の口コミも含まれています。
このページの先頭へ